⼤阪地域のボランティア活動なら寝屋川市⺠たすけあいの会

072-826-4655

お電話での受付 平⽇10:00〜17:00

2018年台風21号の被災からの復旧プロジェクト

プロジェクト情報

台風21号被害、建て替えのための寄付募集

2018年9月4日の台風21号の被害に対して、復旧のためのご支援、ありがとうございます。

被災後の被害は風雨によりどんどんと拡がり、建て替えやむなしとなったことはこれまでお伝えしてきたとおりです。

 2019年3月末にようやく、最後のがれきや壊れた物品の撤去が終了しました。一部、ブルーシートは撤去できないままですが、倒壊した建物の場所は更地になりました。
 ぼちぼちはうすの飛んだ屋根、アテリア、新館の壁は仮設です。また、「ゆと・りろ」は、隣の建物が倒壊したせいか、揺れときしみが強く、プログラムは移転したままです。

 台風被害の対策と同時に、大利仁和寺線の拡幅に伴う土地収用の対策を協議しつづけていますが、市の当初の予定よりもかなり遅れていることと、大家さんの交渉(市および地主)との交渉も難航しているそうで、気持ちは焦りますが、その後の動きは遅々として進んでいません。

 現状課題になっていることと考えられる対策については以下です。

①道路拡幅に伴う立ち退きについては、たすけあいの会として、直接かかるのは、ぼちぼちはうすだが、現在の大家さんと市との話しあいでは「ぼちぼちはうす」の建て替え先を現在のビューローの場所という補償計画になっており、実現するとビューローもつぶすことに

②台風21号の被災ですべての建物が傷んでおり、古いこともあり、建て替えが必須になっている。

③現在の地主さん、大家さんとの話の中で、A.道路拡幅になり今後の発展も見込まれることから地代をあげる。B.今後も「たすけあいの会」がこの地で継続して事業を続けていくのであれば、建て替えの建物は「たすけあいの会」が建て、土地については、直接、地主さんと契約されてはどうか、という案がでている。(立ち退き補償後)

④もしそうなるのであれば、建て替えに際し、内装費用だけを「たすけあいの会」が負担するのではなく、建物そのものを建てることを考えていかなければならない。その費用をどう工面していくのか(現在、建築費が高騰していて耐震耐火は木造でも坪85万ほどかかる。)そもそも土地も小さくなるが、資金によっては、さらに建物の面積を縮小せざるを得ないのではないか。 

※ちなみに、寝屋川市民たすけあいの会の現在の賃借建物の延床面積は約126坪あります。

これらはさまざまな要素を列挙したにすぎませんが、このような現状です。さまざまな要素が絡み合っており結論はまだまだでておりませんが、とても大きな決断をしなければならなくなっています。

 

そんな状況ですので、いったんはこの3月31日で終了の予定だった寄付のお願いを延長することにさせていただきます。

寄付をいただける方は

 1)クラウドファンディングサイト(クレジットカード、銀行振り込み)

   https://congrant.com/project/neyagawa/538

2)【郵便振替】00970-0-24220 寝屋川市民たすけあいの会 (振り込み料はご負担ください)
  【銀行口座】京都信用金庫 寝屋川支店 普通 0331898 (事務局までご一報ください)

          特定非営利活動法人 寝屋川市民たすけあいの会 (振り込み料はご負担ください)

 3)現金にて、持参 (事務所は平日の10:00~17:00)もしくは

  現金書留などで、〒572-0061 寝屋川市長栄寺町5-1 寝屋川市民たすけあいの会まで

 4)寄付控除を希望の方は、寝屋川市民たすけあいの会は認定NPO法人でも社会福祉法人でもありません。

手間と時間がかかりますが、以下の方法で、寄付控除を受けつつ寄付ができます(会員およびサービス利用者以外)。

 寝屋川市の市民活動支援寄附金にて、「寝屋川市民たすけあいの会」を支援希望団体として指定してください。 寝屋川市市民活動支援寄付金

よろしくお願いいたします

チャリティTシャツ発売しています

 寝屋川市民たすけあいの会 応援 チャリティTシャツを販売します。

 冬に行わせていただいた「クラウドファンディング」のリターン商品になった「NEFNE」さんプロデュースのデザインTシャツです。

 ぼちぼちはうすで作っていた「手作りはんこ」を元にみつわ会の公式キャラクター「しそ坊」や三家クリニックの院長先生の顔も加わって!

限定100枚です。一枚2500円。一枚につき1000円がたすけあいの会に寄付されます。

イメージは写真をご覧ください。バリバラの「玉木幸則」さんにモデルになっていただきました!

カラー:白地に黒プリント、紺地に白プリントの2色になります。

SIZE:メンズ:XL15枚、L25枚、M25枚 レディース:M25枚、S10枚 


【送料について(ご負担ください 】
以下の配送方法をご利用いただけます。
■ゆうパック : 【2点以上の場合】
■レターパックプラス【1点購入の場合のみ】 : 全国一律 510円

申し込みは問い合わせフォームからお願いします

 必ず 

 ①送付先

 ②必要な枚数とサイズ 色の希望

               をお書きください。

 

【BASEショップからも購入することができますよ】

https://nc4.official.ec/items/18592695

台風21号被害、建て替えのための寄付募集

2019年3月31日時点

2019年3月31日時点

寝屋川市民たすけあいの会のオリジナルLINEスタンプ 第3弾が発売になりました。

「寝屋川市民たすけあいの会応援スタンプ 第3弾」です。

今回の台風の被災の復興プロジェクト「フェニックス・プロジェクト」の公式キャラクターを中心に、今回は内部で作り上げたスタンプです。

売り上げの一部は寝屋川市民たすけあいの会に寄付されます。

どうぞ、よろしくお願いします

- LINE スタンプ | LINE STORE

https://store.line.me/stickershop/product/6247820/ja

公式 LINE@ができました。1ヶ月に2度、イベント情報とボランティア情報を発信します。

ホームページの下部のLINE@マークをクリックして、お友だち登録をぜひお願いします

QRコードです

QRコードです

 

寝屋川市民たすけあいの会の復旧と新たな展開にみなさんのエネルギーをいただけませんか

「フェニックス・プロジェクト」

2018年9月4日の台風21号で甚大な被害をうけた「寝屋川市民たすけあいの会」
クラウドファンディングをはじめとした寄付などによって、すでにたくさんの方に応援していただいています。その際に、お手紙をはじめ、実際に足を運んでくださる方、メッセージをよせていただいた方もたくさんおられます。

そこで、いただいたたくさんのメッセージを今後の復旧と新たな展開のエネルギーにさせていただくために、今年の夏の甲子園の秋田県の金足農を応援メッセージボードにヒントをいただいて、「日中活動」のメンバーとスタッフで、プロジェクトを立ち上げました。

完成イメージは↓ こんな感じ。写真だと小さいですけど、実際はかなり大きなものになります

すでにいただいたメッセージをちりばめさせていただいています。

「フェニックス・プロジェクト」

キャッチフレーズは

キャッチフレーズは

もっともっと、みなさんにメッセージをいただけたらうれしいです

お手紙 〒572-0061 寝屋川市長栄寺町5-1 寝屋川市民たすけあいの会
FAX 072-838-8032
メール ホームページのフォームから または、nc4@nifty.com

Twitterのダイレクトメッセージ @NeyagawaNc4

facebookのイベントページ

Letter Pot

寝屋川市民たすけあいの会のレターポットはこちらhttps://letterpot.otogimachi.jp/users/58554
(レターポットはキンコン西野氏が開発し広めているツール(webアプリケーション)です。どういうものか理解してからお使いくださいね。
レターポットについて https://youtu.be/JYRJ_RxuW8g https://marronote.com/letterpot/

その他、たすけあいの会のスタッフを通じて届けていただいてもかまいません

これまでいただいた応援メッセージとともに、「フェニックス・プロジェクト」の応援メッセージボードに公開させていただきます。

お名前についてもご紹介させていただきます(webでの個別のお名前の公開は予定していません)

「フェニックスプロジェクト」公式キャラクター 

もっともっと、みなさんにメッセージをいただけたらうれしいです

一覧に戻る

関連記事